2018年7月26日木曜日

【ミニ四駆】トライロング改造記その1

どうも、結祁です。
今日はトライロングのボディでちょっとやっておきたいことがあったのでその様子を。
追記から~。



このマシンはノーズ部分に蓋のような別パーツを装着するようになっています。
ボディを引っ掛ける爪の位置…一発では成形できない所をそのように処理しています。
なのでまずこの蓋とボディの隙間を瞬着で埋めて、400番紙ヤスリでツライチにしました。
その時、テキトーにちゃちゃっと全体も撫でたのですが…。


やはりある程度均一にした方が塗装で失敗しないかと思い、1200番でボディのほぼ全部を
ヤスリがけしました。
まぁサフは吹きますし自己満足の世界なのですが、やっておいて損は無いかと。
あまり力を入れてガシガシというよりは、ボディの表面の薄皮を取る感覚で。
とりあえずボディは一旦ここまでにしておいて、次はシャーシ作りに入ります。
…でも僕がミニ四駆を作る時は、シャーシからがほとんどなので今回はレアケースですね。

では、また次回に。

0 件のコメント:

コメントを投稿