2017年9月18日月曜日

甥っ子兄弟が七五三の五と三になっていた話

どもども、結祁です。
今日は「台風が北海道に上陸!」だったので微妙に元気出んぬだったりでしたが
午後から札幌はなぜか天候が回復しまして、雨が強かった以外は特に被害無しです。

さて、去る9月13日は甥っ子の一郎(仮名)の誕生日でした。
だもんでウチの両親が兄貴夫婦の所に行ってお祝い(?)してきたそうです。
(僕は家で寝てたら置いて行かれましたw)
今年で一郎は5歳、弟の二郎(仮名)は3歳になりました。
そりゃあ僕もオッサンになるわけだ…一郎が生まれた時はギリ20代だったのか。

まぁそんな話は置いておくとして、5歳と3歳って事は七五三なわけです。
ちゅーこって両親が記念写真をもらってきたんですよ。
それをさっき見たら、まぁまぁ似てない兄弟だこと!(別に珍しくない事例)
一郎はなんかいつもニカニカ笑ってる印象があります。
ウチに来ても、お菓子食べてニカニカ。
じいちゃんと絵合わせゲームしてニカニカ。
人生楽しそう。
言うても5歳ですからね、そりゃ楽しい事が多いだろうから分かる気もします。
でもやっぱり一郎は得な性格だと思います。

対して二郎はポーカーフェイスというか、楽しい事も淡々とこなす性格みたい。
一郎と野球盤で遊んでいた時に、バッター・一郎を顧みる事なく
ピッチャー・二郎は球を連続で黙々と射出していたらしい…。
ばぁちゃんが「二郎、楽しい?」って聞くと「たのしい…」って返す。
マイペースに物事を進められるってのも、また得な性格じゃないかなぁ。
思うに兄弟で楽しいのベクトルが違うんですね。
同じ遊びでも楽しみ方というかツボる所が違う。
5歳&3歳でもちゃんと個性が確立されてるって凄いなと。
子供侮りがたし。
僕が同じ頃どうだったかなと思い出そうとしても無理ですねw
そんなこともあったそうですが、これからも無責任に可愛がろうと思います。
兄貴夫婦は大変だろうけど叔父さんはそれで良いのだ。(断定)
すくすく育て!凸凹兄弟!

2 件のコメント:

  1. 家にファミコンがすでにあったので猿の様に毎日してましたね…
    やりすぎでアダプタを隠されたり、言うことを聞かないからと家の外に放り出されたり色々とw

    てか子供の成長は確かに早い。一番上の姪がこの前まで赤ん坊だったのに小学1年生だったりだったけど、今はすっかりもう中学2年の反抗期に…
    姪の成長ぶりに驚くけどそれだけ自分も年を取ったんだと思い知らされてショックを受けた次第

    甥っ子達の無病息災を祈るばかりですね。

    返信削除
    返信
    1. 世の中がスーファミ斜陽の時代に、兄貴のお下がりのファミコンを貰って
      毎日のように遊んでいたら視力が落ちましたw

      姪御さんは難しい時期に入られたのですね…
      確かにそれは年月の流れを感じざるをえません
      きっと僕も何年後かに同じ気持ちになるのでしょう…
      でも裏を返せばそれだけ無事に育ってきてくれたということで
      良いのかもしれませんね

      削除