2017年8月3日木曜日

FGO日記 『うんうん、それもまた開拓だね』

先日のFGO2周年フェスで、唯一秘密にされていた企画が昨日発表されました。
その名も

オールザステイツメン!
☆マンガで分かる合衆国開拓史☆

もうお分かりですね…。
ガーチャー・ノッブが恐れていた『マンガで分かるFGO』イベです!

内容としては、1日毎に解放されるクエストをクリアしていくと
合計5枚の星1バーサーカー『ポール・バニヤン』が貰えるというもの。
他のイベントのように、アイテムを集めて交換する要素はありませんが
クエストの難易度は低めです。(8月3日現在の所は)
そして今回配布されるポール・バニヤンは、リヨ先生作画の
『マンガで分かるFGO』シリーズ2期終盤で活躍したキャラでもあります。
マンガでは面白サーヴァント的な位置づけですが、イベントではきちんとした
英霊(より高次の神様みたいなものらしい?)として召喚されています。
性能面で見ると、星1故の育てやすさもありますしスキルも結構豪華。
なんと全体バスターバフをかけられます。
これはもちろん自身だけでなく、味方のバスター宝具にも有効なので
上手く使えば大ダメージを狙うことが出来ますね。
もう1つ重要な要素は…そう、声優さんです。(???)
バニヤンを演じるのは小見川千明さん。
ソウルイーターのマカとかひだまりスケッチのなずなでお馴染み。
バニヤンの声は、素に近いささやくような可愛いお声です。
もうこれだけでも「んっ、採用」ってなりますな!(声豚)




早速、種火と素材を与えて最終再臨。
勢いで聖杯も進呈してみました。
スキルもまぁまぁ上がりましたか。
フレンドの方はバーサーカー枠に置いてあるので見てみてね!
…というわけで長々とバニヤンの魅力について書きました。
FGOやってる方でまだ特異点Fクリアしてないよ!って状況でも
充分間に合うと思うのでチャレンジしてみるのも良いです、きっと。

0 件のコメント:

コメントを投稿